おおやまの家

用 途:個人住宅
敷地面積:198.34㎡(60.19坪)
延床面積:134.23㎡(40.67坪)
階 数:地上1階
構 造:壁式鉄筋コンクリート造
担 当:宮里 尚志
竣 工:2015年9月

敷地は国道から一歩はいった住宅街にあります。 古くからある集落で、比較的家屋が密集している事からプライバシーの確保を意識してプランを進めていきました。 外観は2階建てにみえますが、実際は平屋建てとなっており、前面道路高さからおよそ2m程度建物を持ち上げるカタチとなっています。1階部分のリビング、書斎、ダイニング、キッチン、和室のパブリックな空間を一体に配置することで、庭への視線が抜け、実際以上に広い空間に感じることができます。建物を持ち上げたうえで、その一部を駐車スペースとして有効利用し、また、居室高さに変化を与えることで、プライバシーも確保できるといった構造になっています。外観は施主様の強い希望で”コンクリート打ち放し、かつシンプルな箱”を意図して設計しています。高さ3.6mのリビングと和室、ダイニング、デッキテラスが一体となり、開放感のある空間となりました。和室の造作材(仏壇含む)はすべてタモ材を用い、コンクリート打ち放しと良いコントラストになっています。各寝室には、リビングから直接アクセスできるようにし、常にリビングが中心にある一体感のある間取りになっています。

1

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
PAGE TOP