夢プロジェクト 出前授業

例年、娘が在学している学校では小学校6年生の時に、父親か母親が勤めている職場で1日間職場体験学習を行っていますが、残念ながら今年度はコロナ禍の影響で中止となりました。
しかし、各種行事が中止になっている状況の中で、最終学年の子ども達の想いで作りと、貴重な経験を積ませたいという学校側の熱い想いがあり、保護者が学校に出向き職業講話、体験実習等を行う出前授業を企画しました。


密集するのを出来るだけ避ける為に、保護者への参加案内は行わず感染拡大防止をしながら、運営関係者も必要最小限の人数で実施しました。
職種は、薬剤師、訪問看護師、消防士、建築士の4種類で、私も(一社)沖縄県建築士事務所協会の協力を得ながら、
「家が完成するまで」
(家が完成するまでの過程を、スライドを使って見てもらう)
「建築模型を一緒につくろう!!」
(スチレンボードで事前に型取りした建築図面をカッターナイフで切り取り、接着剤で糊付けし組み立てていく)
という内容でお手伝いさせてもらいました。





開催目的は、職業人である保護者から実際にそのお仕事の内容を伝え聞き、また、体験をする事で「働くこと」「その職種」に対する興味・関心を持たせ、子ども達が潜在的に具えている能力に気付き、将来像を見出すきっかけ作りとする事であるので、今回の活動が少しでも子ども達の将来の職業選択の一つとしてお役に立つ事が出来ていれば幸いです!

投稿者 池間 守

関連記事

PAGE TOP