おはようございます。
本日は山内が担当いたします。

いつも長男の野球のお話なので。
本日は、長女のバレーボールのお話。
週末に中学校のバレーボール大会が開催されました。
この1年間、大会が延期、中止が続いていたので、ギリギリまで中止になるんじゃないかと不安で、
協会のHPを何度何度も開き確認しました。が、子供達が頑張ってきた成果を発揮できる場を奪うことなく。
コロナ感染対策をしながら開催してくださった関係者の方々に心から感謝いたします。

昨年から、大会会場へは、メンバーに選ばれた12名しか行くことができません。
多くの部員は大会の雰囲気も経験せずに1年以上を過ごしています。
保護者も、毎回、動画を録画する2名のみが会場に入ることができ、
会場からインスタLIVE配信してもらい自宅で応援ということスタイルが続いています。
是非、最後の中体連は保護者の観戦できる人数を増やしてほしい🥺
最後くらい、喜ぶ表情も悔し涙も近くで見たいなーと夢見る今日この頃です。
バレーボール経験者だった顧問の先生が4月に転任され、モチベーションが下がってしまうメンバーがいたり。
練習メニューを自分たちで考えたり、ボール出しも自分たちでやっているので、不安の中迎えた大会でしたが。
結果は、県ベスト16というこのチームで一番良い成績をあげてくれました。

コロナ禍で練習時間の制限があり。練習試合禁止。等々。
思い通りの練習を出来ない中ではありますが、あと1か月後には最後の中体連があります。
最後まで気持ちを切らさず、目標である県ベスト8を達成できるよう頑張ってほしいと思います。

今年は長男も高校野球最後、娘も中学校バレー最後の年。
是非、会場で保護者の皆でハイタッチして、
笑ったり泣いたり大きな声で叫んで応援したいな-(笑)
そして、みんなで祝杯🍻あげたいなー(笑)

1年写真が無いのでバレーを始めた日の娘と昨年のコロナ前の写真(笑)

関連記事

PAGE TOP