書籍紹介 No.1

今週のブログ担当の比嘉です。
今回は「図で考える習慣」という書籍について紹介したいと思います。
建築設計を考えるときに何げなくスケッチなどを書くことがあるのですが後から見返すと
論理的にまとまっておらず、何を表しているのかよくわかないことが多々あり、フリーズ状態に陥ることがあります。
闇雲にスケッチや文章を書き連ねていてもダメだな思っていたときに、購入した本です。
ぜひ読んでほしいので内容については詳細には書けませんがとても参考なりました。
アイディアを論理的にまとめる為に図をどのように活用するかをタイプ毎にまとめられていたので、わかりやすかったと思います。
アイディアなどのまとめたい事を考える際に、文章などで考えがちな人はぜひ読んでほしいとおもえる一冊でしたので、興味がある方は是非読んで見てください。
私も「図で考える習慣」をみにつけ、アイディアを具現化できるように実践していきます。

以上 比嘉 でした。

関連記事

PAGE TOP