「完成施設のご紹介☆」~クリニックビル~

前回に引き続き完成建物のご紹介。去年8月より進めてきた現場がこの度7月に完成しました。

用途はクリニックビル。皮膚科、小児科、内科、歯科と調剤薬局が同居しており、地域の医療に貢献する施設となります。

西側道路面の外観はご覧の通り。日射遮蔽としての機能を持つ縦ルーバーを外観デザインの特徴としています。

敷地は道路側と奥側で約3mの高低差があり 奥の3m低い場所に建つ既存駐車場は計画当初は建て替えの予定でしたが、コストコントロールとして建て替えではなくリニューアルとし、新しい建物とは直接出入りができます。

施設内は「ユニバーサルデザイン」を心掛け健常者や高齢者、障害の有無に関わらず、すべての人が快適に利用できる施設計画を提案。各出入口ドアは引戸を基本とし、ドアの取手は低い位置でも手が届くバーハンドルとしたり、案内パネル・操作盤などは床から高さ1メートルの位置に設置し小さなお子様や車椅子の方でも不便さを感じさせないよう配慮。



その他、施設利用者やスタッフに対する機能面、色彩の工夫や素材感、看板ロゴマークなども提案。外壁の仕上・色合い・形状などは周辺環境によい影響を与え地域に根ざした施設となることを目指しました。

投稿者 大城 朝博

関連記事

PAGE TOP