書籍紹介

ブログ担当の崎浜です。

建築家の中川エリカさんの書籍『建築スタディ集』を紹介したいと思います。
JIA新人賞、住宅建築賞(金賞)、吉岡賞を受賞の経歴や、TOTOギャラリー・間などで
展示会が開催されるほど、実力がある建築家です。

作品に興味があり書籍を注文し、自宅に書籍が届いた。ページをめくった「おぉ!」
スケールが大きな模型に刺激され、書籍の中に自身が入り込むような感覚となった。
これまでの作品の集大成が魅了する。

計画地の外まで周辺環境を広げて、模型化することによって、街と建築の関係性を見出し、開放的な空間や、閉ざす場所や曖昧な領域が、模型を通して感じる事が出来る。模型には、家具が配置され、小さなオブジェクトが空間を生み出し、建物を構成する。

建物を利用する人々が生活するイメージから始まり、そして様々な居場所が考案され、利用された時、設計士として仕事の楽しさが表現されている書籍だと感じました。

模型を作るプロセスこそが、様々な演出を創造するきっかけとなり、未来へと繋がる建物の価値を見出すのではないでしょうか。

書籍は、中川さんが独立後のデビュー作や、現在計画中の模型や、竣工した建物写真が掲載されています。1/20、1/30スケール模型が、見やすい大判サイズとなっていて、見どころ感じる素晴らしい書籍です。

関連記事

PAGE TOP